家具だけ 引越し 料金

家具だけ 引越し 料金

突然ですが、「家具だけの引越し料金はどのくらいなんだろう?相場が知りたい!」と困っていませんか?

 

  • 大物家具一点だけの引越し料金は?
  • 家具だけの引越しはお得なの?損なの?

これらの悩みを元引越し業者が、全て解決します!

 

大物家具だけ引越し依頼した場合の料金は?

 

大物家具1点だけの引越し依頼をした場合の相場は以下の通りです。

 

POINT

  • 同県内などの近距離引越しの場合:5000円~10000円
  • 100km以上の長距離引越しの場合:30000円以上

 

近距離への家具引越しは意外に安い

 

引越し業者に家具だけを近距離の引越し先に運んでもらう場合の料金はそれほど高くありません。運ぶ距離が短ければ高速代やガソリン代もそれほどかからないためです。

 

もし、自分でレンタカーを借りて家具を近距離の引越し先に運ぼうと考えているなら、引越し業者に依頼したほうが色々な面でお得です。

 

引越し業者に家具一点の引越しを依頼し「7000円」という見積りが出たとします。しかし、レンタカーを半日借りる料金が「5000円」だったらどうでしょうか?

 

レンタカーに自分で家具を積み込む労力を考えたら、2000円多く支払ったとしても引越し業者に任せたほうが安心ですよね。

 

また、引越し業者はプロですから家具をきちんと養生して壁や床に傷つけないように運んでくれる点もメリットとなります。自分ではできないことをしてくれるのが引越し業者なのです。

 

引越し先が近距離の場合は、複数の引越業者に家具だけを引越した場合の見積りを依頼してみましょう。きっと納得できる引越し業者が見つかるはずです。

 

100km以上の長距離引越しはやはり高い!

 

家具1点だけであっても、長距離の場合は料金がかなり高めになります。家具の積み込みや積み下ろしだけでなく、長距離運転にも作業員の手が必要となるからです。

 

さらに知っておきたいのが「家具1点だけの長距離引越しを依頼した場合はその家具だけを積んで引越しをするわけではない」という点です。

 

長距離の引越しのトラックに家具一点だけを積んで走るのはかなり無駄ですよね。引越し業者はこの無駄を省くために、他の引越しの荷物と一緒に家具を積んで運ぶのです。

 

しかし、この長距離引越しはあなたの引越し先と同じ方面の引越し予約が入らないと実現できないというデメリットがあります。いつ予約が入るかわからないので、家具の引越しスケジュールが読めなくなる可能性があります。

 

この場合は家具を引越し業者に預けておくことができますが、引越先に届くまでに数週間かかることもあります。家具がなかなか届かなければ、新居の片付けもはかどらないのでこの点をしっかり理解してから依頼したほうが良いでしょう。

 

家具だけの引越しはお得なの?損なの?

 

POINT

家具だけの引越しが最終的に得なのか損なのか?を見極めるには、全ての荷物を引越しする場合の見積りと家具だけの引越しの見積りを見比べる必要があります。

 

家具だけ近距離引越しを依頼する場合はお得になる可能性大!

 

引越しの荷物は全て自分で運び、純粋に家具の運搬だけを引越し業者に依頼する場合は料金面でもかなりお得になる可能性が高くなります。

 

一人暮らしの荷物を近距離引越しする場合の相場は「20000円~30000円」です。もし「30000円」という見積りが出たとしたら、家具だけ5000円前後の費用で引越しできれば引越し費用が1/6で済みます。

 

引越先が近距離で自分の車を使って荷物を数回に分けて運ぶことができるなら、家具だけを引越し依頼するのはお得と言えます。この場合は単純に家具の引越し代だけを支払えばいいわけですから、5000円~10000円の負担だけで済むことになるのです。

 

家具以外にも大きな荷物がある場合はよく考える!

 

しかし、家具以外にも冷蔵庫や洗濯機などがある場合はどうなるでしょうか?大きな家電は乗用車では運べませんので、自分で運ぶ場合はレンタカーを借りることになりますが、軽トラックのレンタル料は意外に高いので注意しましょう。

 

POINT

【ニッポンレンタカーの軽トラックレンタル料金】

  • 3時間:約5000円
  • 6時間:約7000円
  • 12時間:約8000円

 

この料金はレンタカーを借りてから返すまでの時間を元にしています。近距離引越しといってもさすがに3時間で引越しするのは厳しいですから、6時間または12時間の料金が必要と考えておいたほうが良いでしょう。

 

例えば、「家具だけの引越し6000円+冷蔵庫や洗濯機を運ぶレンタカー8000円=14000円」と計算してみます。この場合、一人暮らしの全ての引越しを依頼した料金が30000円なら約半額で引越しが可能です。

 

しかし、冷蔵庫や洗濯機を自分でトラックに積むのは相当な重労働です。「冷蔵庫と洗濯機は小さいから自分で運べる!」と思うかもしれませんが、その作業は簡単ではありません。万が一落として壊してしまえば誰にも保障してもらえません。

 

そう考えてみると「30000円出して引越し業者に依頼したほうが良いのかもしれない・・・」と思えてきませんか?ここをよく考えてみることが大切です。

 

長距離引越しは全て引越し業者依頼したほうがお得!

 

一人暮らしの荷物を長距離(100km以上200km未満)引越しする場合の相場は「40000円~50000円(5~2月の通常期)」です。

 

「自分は荷物が少ないから、家具以外の荷物は車に積んで高速道路で移動しよう」と考える方もいるでしょう。しかし、家具だけの長距離引越しに30000円かかるとしたら、少しお金をプラスして全てを引越し業者にお任せしたほうがお得だと思いませんか?

 

仮に全ての引越しの料金が45000円と出た場合、家具だけの引越しとの差額は15000円になります。しかし、引越し業者に全てを任せられるということは「自分は荷造りと荷解きだけすればいい」ということなんです。

 

自分でダンボールをいくつも手配し、荷物を一人で車に積んでまた車から下ろす。これは予想以上に大変な作業です。差額の15000円を支払えば、ダンボールがもらえて荷物を運んでくれ、荷物の保障までしてもらえます。

 

引越し料金を出来るだけ安くしたい気持ちは誰でも同じです。しかし安くしようとしすぎると別の面でトラブルやデメリットが生じることもあります。この点を良く考えてからどの方法を選ぶか決めるようにしましょう。

 

家具だけの引越しは慎重に!

 

一人暮らしだったり荷物が少ないと「大きな家具だけなんとかなれば安く引越しできる!」と思うものです。しかし実際にはそう簡単なものではなく、引越しの中身によっては損をすることもあるのです。

 

「よくよく考えたら全部引越し業者に依頼すればよかった!」と後悔しないためにも、自分の荷物や引越し先の状況をよく考えてから家具だけを引越し依頼するかどうかを決めるようにしましょう。

 

また、後悔しないためには色々な引越しパターンの見積りを取って比較することが大事です。あなたが納得できる最善の形で引越しできるよう準備をしていきましょう。