家具だけ 引越し 料金

家具だけ 引越し 料金

突然ですが、「家具だけの引越しは高い?安い?料金相場はどのくらい?」と困っていませんか?

 

  • 家具だけを引越しは可能なの?
  • 家具だけの引越しは高い?安い?料金相場は?
  • 家具だけ引越す場合の注意点は?

これらの悩みを元引越し業者が、全て解決します!

 

家具だけを引越しは可能なの?

 

引越し業者では家具だけの引越しを受けてくれます。宅配業者でも家具だけの配送プランがあります。

 

単身赴任や一人暮らしで引越しをする時、「荷物は少ないから自分で運べるけど家具が大きくて運べない」と悩むことがあると思います。引越し業者ではこのようなニーズに応えるために、家具だけの引越しプランを用意しているところがあります。

 

引越し料金は家具の数や大きさによって変動します。また、引越し業者によっても料金はまちまちですので、必ず事前に複数の引越し業者から見積を取って比較をしてみましょう。

 

宅配業者でも家具の配送を受け付けているところがあります。料金は家具の3辺の長さを合計した数値によって変動しますので、大きければ大きいほど高くなります。あまり大きな家具は配送不可能な場合があるので事前に確認してみましょう。

 

家具だけの引越しは高い?安い?料金相場は?

 

引越し業者も宅配業者も、家具の大きさ、重さ、輸送距離によって料金が変わるシステムになっています。

 

家具の大きさや移動距離によって料金は変動する

 

まず、引越し業者に依頼して家具を近距離(30km以内)に引越しした場合の料金相場を見てみましょう。

 

 

家具の内容 引越し業者の料金相場
ベッド 1万円~1.5万円
ソファ 6000円~1.5万円
タンス 1.5万円~2万円
食器棚 1.5万円~2.5万円

 

家具が1つなら安い料金で運んでもらうことができますが、数が増えればそれだけ料金もアップします。距離も長くなればなるほど高くなり、100kmを超える場合は上記の料金相場の倍近い引越し料金が必要です。

 

では、宅配業者に近距離(30km以内)の家具配送を依頼した場合はどのくらいの料金になるのか見てみましょう。

 

 

家具の内容 宅配業者の料金相場
ベッド 2万円~2.5万円
ソファ 1万円~3万円
タンス 5000円~1.5万円
食器棚 1万円~2万円

 

宅配業者は家具の3辺の長さで料金を決めていますので、ソファーやタンスなどは大きさによってかなり料金が変わってきます。このため、家具の種類によっては引越し業者よりも安いものや高いものが存在するのです。

 

大型家具はクレーン作業によるプラス料金に注意!

 

通路やドアを通ることができないベッドや大型タンスは、クレーンを使って窓から吊り上げて搬出と搬入を行います。クレーン作業には2~3万円の別料金がかかります。

 

大きな家具を買った時に家の窓から搬入した記憶がある方は、引越す場合にもクレーンが必要になると思っておいてください。床や壁、家具に傷をつけないように運ぶにはどうしても吊り上げ作業が必要となってきます。

 

また、大抵の引越し業者がクレーン作業を行うのに対し、宅配業者ではクレーンを保有していないところがあります。このため、宅配業者に大きすぎる家具の引越し作業を依頼すると断られることもあるので覚えておきましょう。

 

 

家具だけ引越す場合の注意点は?

 

家具だけを引っ越しする場合は、「トータルの引越し料金」「クレーン作業によるプラス料金」「搬出&搬入時のトラブル」「値引き交渉」に注意をして作業を依頼するようにしましょう。

 

家具だけ引越しが高い・・・全部引越し依頼をしたほうがお得かも?

 

複数の家具を引越す場合、トータルの引越し料金が高いと感じたら、全ての引越しを引越し業者に依頼した場合と比較してよく考え直してみる必要があります。

 

例えば、ベッド、タンス、食器棚、の3点を引越し依頼し、そのトータル金額が5万円だったとしたら高いと思いますか?安いと思いますか?

 

単身引越しの料金相場は4~6万円です。家具だけの引越しが5万円なら、全ての引越しを6万円で依頼したほうが楽でお得だと思いませんか?

 

運べる荷物は自分で運び、運べないものだけ引越し業者に依頼すれば引越しは安くなると感じるものですが、実はそうでもない場合もあるのです。ここを理解しておかないと無駄な重労働をすることとなり、費用面でも大きく損をすることがあります。

 

クレーン作業代を見落とさない

 

引越し業者のホームページに掲載されている料金は引越しの基本料金です。ここにはクレーン代が含まれていないといません。

 

ドアを通らないような大きな家具や解体が難しい家具は、クレーンで作業しなければ搬入も搬出もできません。

 

これを知らずに引越し依頼をすると「追加料金がかかります」と言われた時に大慌てとなってしまいます。

 

家具だけの引越しをするなら、家具の大きさや通路の幅などを事前に確認し、クレーン作業のプラス料金が発生するかどうか把握しておく必要があります。

 

その傷は引越し前のもの?後のもの?

 

大きくて重い家具の移動にはトラブルがつきものです。床や壁、家具に傷がついた場合の対処方法を考えておく必要があります。

 

引越し後に傷を見つけても「この傷は引越し作業の時についたもの」と証明できなければ、補償をしてもらえないことがあります。

 

このようなトラブルを避けるためにも、引越し前に床や壁、家具の状態を写真に収めておくと良いでしょう。

 

また、引越し業者の過失によるトラブルについて補償があるかどうかも事前に確認しておいてください。大事な家具に目立つ傷が付いたらガッカリしてしまいます。

 

補償があれば安心して作業を依頼できます。ここは重要なポイントですね!

 

値引き交渉を忘れない!

 

家具だけの引越しであっても、値引き交渉を忘れずに行いましょう。複数の引越し業者から見積りを取り、内容と金額を比較してから値引き交渉をすると最適な業者を選ぶことができます。

 

クレーン作業や家具の解体&組立てを依頼する場合は引越し料金が高くなりますので、粘り強い値引き交渉が必要です。

 

引越し業者は何も言われなければ提示された料金のまま引越し作業を行います。これでは相手の思う壺ですから必ず交渉して少しでも安い金額を引き出しましょう。

 

引越し料金は様々な要因で変動するため、決まった料金がありません。ですから交渉次第では安い金額を提示してもらうことができるのです。

 

宅配業者の場合は料金が固定されているので値引きは難しいと考えておきましょう。

 

家具だけ引越しの前に入念なチェックを!

 

家具だけの引越しは意外に大変で料金も高くなります。しかもクレーンなどの大掛かりな作業が必要となる可能性があるので、どこをどうすれば料金を安くできるかを知っておかないと引越し料金を下げるのは難しくなります。

 

家具だけを引越し依頼しようと考える方は、引越し料金を極力安くしたいと思っているはずです。しかし、知識不足によって結果的に無駄な料金を支払ってしまえば後悔してもしきれませんね。

 

大事な家具を安全に運んでもらい、料金も安くしてもらえればこれ以上嬉しいことはありません!その満足感を得るためには、準備の段階から入念なチェックをしておく必要があります。早速いくつかの業者に見積りを取ることから始めてみましょう。